KUROMIMIには本が足りない。

KUROMIMIには本が足りない。

活字がないとダメ系ヲタク。小説・音楽・詩・ときどき映画。自作の小説も書いてます。

日本文学

一生ものの詩に出会った。

最近私は気がつくと一人の作家のことを思ってしまう。 それが、工藤直子。 工藤直子というと表題にもある「てつがくのライオン」が一番有名かと思う。もちろん私も好きだ。けれどもっとお気に入りの詩がある。まずは引用させていただきたい。 「夜光虫」とい…

異世界に迷い込むような楽しさ。

どうも。クロミミ です。 なんとなく今夜は映画「ベイビー・ドライバー」のサントラとともにひさびさにまったりな予定。 三連休最後をまったり過ごしたい。 まったりついでにこの間わたしが出会った最高なカフェを語りたいなって思います。ついでに素敵な本…

世代を超えて愛し続ける不朽の名作。

今回ご紹介するのはこちら。 「夜の蝉」北村薫 創元推理文庫 こちらは、以前クロミミ的ブックにて紹介した「空飛ぶ馬」に続く、円紫師匠と私シリーズの第2巻。 「空飛ぶ馬」も好きですが、「夜の蝉」はもっと素晴らしい。 「円紫師匠と私シリーズ」は女子大…

伊坂幸太郎に見る日本人的性質とは。

たのむから、お願いだから、 ニワカだけど伊坂幸太郎を語らせてほしい。 ひさびさに伊坂幸太郎を読んだら最高すぎた。 今回語るのはこちら。 伊坂幸太郎 『グラスホッパー』 角川文庫刊行 『グラスホッパー』のあらすじはこんな。 「復讐を横取りされた、嘘…

オススメ文学〜トチ狂ったのからジーンとくるやつまで〜

文学1 日本文学編 今回は、読書好きを自称するわたしが大好きな本や作家たちについて語っていきます。 付き合ってくださる奇特な方を募集中です。 よろしくお願いします。 ATTENTION! 今回、壮絶に長いです。まじで。でも頑張って書いたから読んでやって欲…

名作は色褪せない。

今回はこちらについて語ります。 十二国記 白銀の嘘(おか)玄(くろ)の月 小野不由美 これは新潮文庫。 こちらのシリーズについてはすでに#クロミミ的ブック で熱く語ってますが、わたしが小学生の頃から愛してやまないものの一つです。 十二国記は、上橋…

物語の構造に注目して読みたまえ。

どうも。クロミミです。 今回ご紹介するのはこちら。 RDG(レッドデータガール) 荻原規子 銀のさじ文庫刊行 ちなみに、こちらの作品はアニメ化もされています。 RDGは『十二国記』とは異なり主人公・泉水子を中心に展開する和風ローファンタジー作品です。 …