KUROMIMIには本が足りない。

KUROMIMIには本が足りない。

活字がないとダメ系ヲタク。小説・音楽・詩・ときどき映画。自作の小説も書いてます。

詩・行き過ぎしもの

大切なものは 

一呼吸ごとに くすみを増して

 


あの時の感情を もう取り戻せない

 


どうしようもないほど 煌めいていた一瞬

 


あの一瞬を 買い取るために

 


なけなしの稼ぎを費やして

 

 

 

そう 本当に欲しかったのは 

これじゃない

 

 

 

でもね

あの快楽があの苦しみに見合うかどうかすら

わたしにはわからないの

 


いつのまにか増えていった 要らないもの

 


わたし ずっと待っているの

早く来ないかしらって

 


いつか

 


わたしも要らなくなる

 

 

 

そんな瞬間を