KUROMIMIには本が足りない。

KUROMIMIには本が足りない。

活字がないとダメ系ヲタク。小説・音楽・詩・ときどき映画。自作の小説も書いてます。

小説・「海のなか」(32)

 

f:id:KUROMIMI:20220602204143j:image

 

 

前話はこちら。

 

kuromimi.hatenablog.com

 


***

 


 何度も繰り返し、叫んでいる。

「ーーーー!」

 誰かを追いかけていた。

 遠くに長い髪が靡いているのが見えた。わたしと同じ、色素の薄い髪が日の光に透けた。

ああ。あの後ろ姿を何度も見送ったことがある。

「ーーーまって!」

 飽くほど口にしたはずの言葉を、また吐き出した。

 その人が決して立ち止まらないのを、よく知っていた。馬鹿みたいだ。こんなこと、意味がないのに。そんなふうに嘲笑してみても、喉からは追い縋るような嗚咽が溢れ続けている。そうしてようやく、自分が泣いているのだと気がついた。だからこんなにも景色が歪むのか。潤んだ視界はもう、後ろ姿を捉えることができない。

 不意にほおに手を当ててみた。

 ーーーー濡れていない。

 そうわかった瞬間、絶望が心を覆った。そうか、また泣けなかったのだ。いや。泣けるわけがない。泣いたら全てが変わってしまう。

 すると、

 


『ここは、海のなかだからね』

『海のなかで、泣くことはできない』

 


 ひどく馴染みのある声が、不気味な結論を運んできた。その凍るような吐息を、わたしは確かに知っていた。

「まって…おかあさん」

 そう言ったのが、夢だったのか現実だったのか。目覚めた今ではわからない。きっとわからない方がいいのだ。ああ。厭になる。こんな夢ばかりはっきりと覚えているなんて。

 


(第八章おわり。第九章へと続く)